ランクルプラド 買取価格

MENU

これは、「販売している時点ではその車の車検が切れているが、納車までには車検を通して整備をして渡します」という車です。

 

車検にかかる法定費用は別途請求されますが、車検の手数料や整備にかかる費用は込みになっています。このように、中古車を購入する販売店に整備をお願いして納車してもらうことを「整備渡し」というのです。
「整備渡し」か「現状販売」か

 

「保証つき販売」「整備渡し」以外に、保証がない「現状販売」があります。

 

整備渡しも基本的に保証がありませんので、現状販売との区別がなかなかつきません。整備渡しと現状販売を見極めるためには、契約書を見れば分かります。

 

整備渡しも、必ずしも車検切れの車のみを対象としているわけでなく、保証はつけないが車検が残っている車の整備をする場合もあります。

 

この場合、別途整備費用を請求する場合もありますので、契約書には整備代金が計上されており、この車は「整備渡し」となります。

 

さらにややこしいことに、車検切れの車の車検を通しても「整備渡し」とならない場合もあります。それは、販売店がユーザー車検を利用した場合です。

 

ユーザー車検であれば、車検に通過する最低限の事をすればいいので、整備の必要もありません。この場合、販売店は「整備渡しではない」と主張するでしょう。

 

整備渡しにすると、故障した際のクレームを受けざるを得ないからです。